中高年の転職は自己分析能力がカギ!身につけておきたい自己分析スキルとは?

40代、50代の中高年になってくると、転職を成功させるのが非常に難しくなってきます。というのも、新しく仕事を覚えることも大変ですし今までの仕事のクセがなかなか抜けきらず、更には体力の低下や個人差もありますが老眼や四十肩、腰痛や関節痛といった体の老化が進んでいるからです。

その為企業側としてもなかなか採用に踏み切るには至らないのが実状なのです。しかし、全く需要がないということも無く、中高年の方でも自己分析や自己PRの方法次第では転職に成功することも十分あり得ます。まず転職したい、と考える場合は今の仕事に何かしらの不満があるわけですが、その不満というのが何なのかをはっきりさせることが大切で、それが自己分析の鍵となります。

つまり、何が不満で、それがどうなると満足できるのか。何をしたい、どんな待遇なら納得がいくのか、自分には何が出来るのか、何が得意で何が不得意なのか、そういったことを自問自答する時間を持ち、それを逐一メモ書きしておきましょう。フローチャートとして作成していくのもいいかもしれません。

その結果としてどのような仕事が向いているのか、その仕事に就く為に出来る自己PRも同時に考えていきましょう。もし自己PR出来る部分が無ければ、後から資格を取るなり勉強して技術を磨くなりすることも出来ます。中高年だからと諦めず、経験豊富な中高年だからこそ持ち得る魅力を自己分析で見つけ出しましょう。