面接で勝つ!面接官の心をつかむコミュニケーション

これから新しく仕事をしたいと考えるなら面接官に好印象に思われなくてはいけません。転職活動では、何社も受けるなら面接官と話す機会が多くなります。どんなに優秀な人でも、コミュニケーションスキルが高いと思われた方が採用されやすくなります。

転職活動での面接官の心をつかむコミュニケーションの5つのポイントがあります。一つ目は、論理性です。話をする時に、まず初めに結論を答える方が好印象となります。結論を話されてからの場合、面接官も何を言いたいのか自然と理解することが出来ます。二つ目に、具体性です。

マニュアルを読んだような受け答えをしないで、実体験の話をした方がよりわかりやすくなります。例えば、以前の会社でやり遂げたことなど、自分の体験として話す方が理解されやすいです。三つ目に、簡潔性です。話が長いと相手も退屈になってきます。人の自慢話などを聞いているとつまらなくなることと同じで、言いたいことを短く説明した方がわかりやすいのです。

四つ目に、一貫性です。例えば、以前の会社を辞めた理由と志望動機に矛盾があると、おかしいなと思われてしまいます。嘘をついている人は信用されませんので、話に矛盾がないようにしましょう。五つ目に、柔軟性です。台本を読んできたような話し方をするのではなく、自分らしい話し方をする人に好感を持たれます。転職活動では、自分の個性をアピールしましょう。