失敗しないための転職企業応募先選び

中高年で転職する際には、この会社が良さそう、という思いつきでしてしまうと、後々後悔することもあります。転職希望の人は、現在の仕事における状況が当たり前で、さらに良い条件のところを求めている訳ですが、現在の状況は当たり前とは言えない場合もあります。

その為、客観的に転職先選びの基本項目を見ていき、自分の中で優先順位を考えていくことが大切な行程となります。中高年の転職先選びの基本項目は以下の7つです。1つ目は、職種や業務内容です。自分がどんな仕事をしたいのか、そしてどんな仕事なら出来るのかを明確にしていくことが欠かせません。2つ目は、正社員か契約社員かという雇用形態です。雇用形態によって、業務内容や勤務条件等が異なって来ます。

3つ目は、希望する給料の額や、生活していく上での必要最低限の金額を出していくことです。現在の職場が大手企業の場合は、収入ダウンになる場合もあります。4つ目は勤務時間や休日です。働き方は固定の場合と変動制の場合など色々あり、始業時間や終業時間は職場により異なります。

また休日はどれ位あるのかもポイントです。5つ目は、勤務地です。家からの距離は1時間半以内が目安です。6つ目は、企業の大きさや従業員数です。企業の大きさによって福利厚生は異なります。7つ目は、経営ビジョンや社風です。企業トップの考え方は、業務を行う上でも影響してきますし、働きやすさにも繋がります。