マネージャーとしてのスキルが必要?中高年転職にまつわる3つの常識のウソ・ホント

転職することが不可能になる年齢として、35歳が挙げられることが多くあります。いくらマネージャーとしての能力が高くとも、古巣以上の待遇を受けることが不可能であるという論調はしばしば巻き起こります。ところが、不可能であると言い切るのは時期尚早です。

本人に実力があれば、採用されることが多いからです。マネージャーとしてのスキルが必須になると言われがちですが、これを否定する論拠は存在しません。転職市場の状況は日々刻々と変化しているものの、中高年に求められるのは高いスキルであることにほかなりません。

中高年は体力的に若手に劣る傾向があるので、卓越したスキルで対抗するしか企業で生き残る方法はないからです。マネージャーとしての能力が必須であることはもちろんのこと、プライヤーとしての能力も判断されることがままあります。日ごろからの自己研鑚が役に立つので、転職活動中であっても自身の能力を高めるように努めることが肝要です。

報酬額が目減りしてしまうことも、中高年の転職では話題に上がりやすいです。結論から書くと、転職者の能力によって答えが変わります。中高年であっても仕事ができれば報酬は高額になりますが、そうでなかったり未経験の業界であれば古巣にいたときよりも少なくなることが多いです。