面接の事前準備はどれくらい必要?転職を成功のさせるためのポイント

中高年が転職しようという場合は、特に面接に対する準備を十分に行っておく必要があります。できれば、人事などの仕事を経験した人にリハーサルを付き合ってもらい、適切な指導やアドバイスを頂戴し、本番に臨む必要があります。

なぜかというと、中高年ともなると、企業生活が長く、その企業の風土ややり方になじみすぎているので、ともするとビジネスの基本から逸脱していることもあるからです。

自分の会社の常識が他の会社では非常識というようなことも、あり得るからでもあります。転職となると、一からスタートになりますので、乞われて迎え入れてもらえるケースは別として、通常は初心に帰ることが何よりも大事です。したがって、転職の面接に臨む前に、この初心を忘れることなくリハーサルしようということです。

学校に在学中の学生は、ノックの仕方、ドアの開け方、椅子の座り方、座った姿勢、応答の仕方など、一切合切の訓練を受けて面接に臨みます。それらは、すべてビジネスマナーの基本に則っています。今更というようなことでなく、同じような気持ちで臨むことが肝要です。

控室で順番を待っている間、気のゆるみからとっっていた仕草が、横柄な印象となって不合格になる事例も結構沢山あります。大事なポイントは、自分の置かれている立場をしっかりと認識し、謙虚さを失わないことにあるのです。